パーソナルツール
現在の場所: ホーム テーマで探す/Theme 世界の国や地域について調べる タイの食文化
ナビゲーション
 
文書操作

タイの食文化

タイの料理について調べて、美味しいタイ料理を作って食べてみましょう。


1.このキーワード・関連語で探そう

  • Webcat PlusJapan Knowledge を使って、関連するキーワードを辞書・事典や図書の内容・目次データから探してみましょう。
日本語タイ料理、食文化、エスニック、レシピ、食材、作法 など               
 
英語Thai food, Thai cooking, food culture, ingredient, recipe, ethnic 

 

2.食文化・食材・香辛料について調べよう

 Japan Knowledgeからは「日本大百科全書」「imidas」、聞蔵からは「知恵蔵」が検索できます。(学内限定)

3.タイの食文化について書かれた本を探そう

直接,図書館の棚に行って探す場合は,次の関連分野の分類番号を探してみよう

 

分類番号

分野

383.8

飲食史

383.88

道具:箸、茶碗

383.885

飲酒史

383.889

喫茶史

383.89

喫煙史

596

食品. 料理

596.22

アジアの料理:中国料理・・・

596.3

材料別による料理法

596.8

食事作法

596.9

厨房具. 食器

図書はNDC(日本十進分類法)順に並んでいます。

参考:日本十進分類表 http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/guide_c/guide/ndc.html

名古屋大学にある図書をOPACで探す。

オンライン目録(OPAC)で,名古屋大学の蔵書を調べることができます。
「キーワード」を入力して検索してみましょう。

OPAChttp://opac.nul.nagoya-u.ac.jp/webopac

調べ方がわからない時は,ガイドシートリスト(OPACやデータベースの使い方)があります。
http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/guide/gsheets/index.html

国内で刊行されている図書を探そう。

Webcat Plus
全国の1,000以上の大学図書館等が所蔵する図書・雑誌の総合目録データベースを、日本語の図書の内容・目次データから検索できます。「連想検索」システムで、検索ごとに関連ワードが表示され、検索枠を広げていくことが出来ます。(http://webcatplus.nii.ac.jp/)
 
NDL-OPAC
国立国会図書館が所蔵する図書・雑誌の総合目録データベースです。 (http://opac.ndl.go.jp/)
 
愛蔵くん(愛知県内図書館 横断検索)
愛知県内の市町村立図書館等の所蔵を一括検索できます。大学図書館よりも、より平易な一般書の所蔵が多くなっています。(http://www.aichi-pref-library.jp/oudan/aichi_oudan_f.htm)
名古屋大学で所蔵していない図書は,取り寄せて借りることもできます。
所属別申込先一覧をご覧下さい。(公共図書館の場合は中央図書館へ。)
http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/guide/ILLplace.html

図書の目次や内容から探す。

ブックコンテンツ・データベース
東京大学が所蔵する本の「目次情報」や「内容情報(要旨・帯・カバーからの情報)」で検索できます。(http://contents.lib.u-tokyo.ac.jp/contents/top.html)
 
新書マップ
テーマに関連した新書・選書をキーワードや文で探すことができます。それぞれの本の内容紹介と目次情報をみることができ、連想検索によって関連テーマの本を探すことも簡単です。(http://shinshomap.info/)

タイや東南アジアの食について書かれた本を読もう

名古屋大学にある図書の例

4.雑誌記事を探そう

日本語で書かれた雑誌記事や論文を探すために、データベースを使ってみましょう。

読みたい記事が見つかったら、その掲載雑誌をOPACで検索し,名古屋大学で所蔵しているかどうかを調べます。
(OPAC:http://opac.nul.nagoya-u.ac.jp/webopac)

CiNii,NDL-OPAC(雑誌記事索引)など

日本語で書かれた雑誌記事を探すことができます。
(主に学術雑誌・紀要類が収録範囲)掲載雑誌がわかったら,オンライン目録(OPAC)を使って,名古屋大学の所蔵を調べます。CiNiiの場合は、CiNii PDFとして、本文をそのまま見られるものもあります。
(CiNii : http://ci.nii.ac.jp/ , NDL-OPAC(雑誌記事索引):http://opac.ndl.go.jp/ )

大宅壮一文庫雑誌記事索引検索 Web版

週刊誌、総合月刊誌、女性誌などの記事情報が検索できます。これらの雑誌でも、関連する特集が組まれていることがあります。(http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/dbjapanese.html#oya)

見つかった雑誌を名古屋大学で所蔵していない場合は,コピーを取り寄せることもできます。所属別申込先一覧をご覧ください。 (http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/guide/ILLplace.html)
調べ方がわからない時は,図書館サイト「論文を探す」をご覧下さい。
(http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/guide_c/guide/search/4.html)

5.新聞記事を探そう

主に社会的な動きの最新情報は、新聞からも得られます。

聞蔵Ⅱヴィジュアル(朝日新聞) (学内限定)

朝日新聞のオンライン記事データベース。1945年以降の記事を検索できます。
http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/dbetc.html#KIKUZO2

日経テレコン21(日経限定メニュー版)(学内限定)

日経4紙『日本経済新聞』、『日経産業新聞』、『日経流通新聞MJ』、『日経金融新聞』の全文記事データベース
http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/dbetc.html#NK21

中日新聞・東京新聞記事データベース(学内限定)

「中日新聞朝夕刊」「東京新聞朝夕刊」のデータベース。愛知・岐阜・三重の各地方版も収録。
http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/dbetc.html#CHU

ProQuest Newspapers(学内限定)

「The New York Times」など,5紙の全文を探すことができます。http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/dbproq.html#newspapers

6.タイ料理のレシピを探そう

名古屋大学では、蔵書構成上家政学関連の書籍はほとんど所蔵していません。レシピや家政学関連の書籍は公共図書館での利用が便利です。 直接来館するほか、所属する図書室を通じて愛知県内の公共図書館の図書を取り寄せることもできます。(県内図書館ネットワークのため無料ですが、搬送便の都合で入手には時間がかかります。急ぎの場合は直接来館しての利用をおすすめします。)

愛蔵くん(愛知県図書館 横断検索)

 

(名古屋市立図書館の関連図書一例)

資料情報

アジアのエスニック料理入門 / 黄華月著. 新版. 千早書房, 1993.9

おうちでおいしい。タイごはん : からだも心も元気になる / 味澤ペンシー著. 旭屋出版, 2005.10

きょうのごはんはタイ料理 / 氏家アマラー昭子著. 日本放送出版協会, 2002.7

やすらぎのタイ食卓 : 55品の親切レシピ : 日本で手に入る食材で本物のタイ料理を / ラッカナー・パンウィチャイ, 藤田渡, 河野元子 ; 山口きよ子絵. めこん, 2005.3

7.インターネットで探そう

 

味の素食の文化センター

食文化研究への協力と有益な情報の社会への提供を目的として設立されました。食の文化ライブラリー(東京と大阪)の公開や食文化誌「Vesta」の発行を行っています。

 

エスニック倶楽部

タイ料理のほか、シンガポールやインド料理のレシピも掲載されています。スパイスに関するページもあります。

 

キッコーマン国際食文化研究センター

世界の国々の食の歴史や食文化の紹介を行い「食の国際交流」に寄与することを目的としています。食文化関連書籍のデータベースがあります。

 

スパイス&ハーブ研究所

ヱスビー食品のスパイスとハーブに関するHP。スパイス&ハーブ事典やレシピなどが掲載されています。

 

タイ料理の魅力 : Thai Square

タイ料理のレシピや食材図鑑、全国のタイ料理レストランに関する情報が掲載されています。

 

タイの味

タイ料理食材店アジアフーズのHP。タイ料理レシピのほか、スパイス、調理用具、食生活に関する情報も掲載されています。

 

The Thai

現地のタイ料理・店や食材、調味料の紹介など。レシピが掲載されたブログもあります。

 
 

その他にも様々な有用サイトがオンライン上に存在します。検索エンジン等を用いて、探してみましょう。

代表的な検索エンジン
 

Google (http://www.google.co.jp/)
Yahoo! (http://www.yahoo.co.jp/)
  • 検索エンジンを使う時は,それぞれの特徴を調べて効果的に使いましょう。
  • Yahoo!では,カテゴリの上または横のレベルも見ながら関連情報を探してみましょう。
     


 

得られた情報は、必ず発信源を確認して、その信頼性を吟味しましょう。また、複数の情報源で確認し,活用方法を考えましょう。


Powered by Plone

このサイトは次の標準に準拠しています:

Programmed by Knowledge Science Co., Ltd, 2008-2010